UCL

UCL

eコマース事業部

ワンストップ、マルチプラットフォームの構築。
ONE STOP MULTI PLATFORM

日本に居ながら世界市場に挑む

eコマース事業部は、WEBの力を最大限利用して、日本にいながら、中国、インドネシア、インド、そしてアフリカ大陸までを視野にいれたビジネスチャンスをご提供するサービスの構築を目指しています。

越境eコマース「更に拡大の傾向」

越境eコマースとは、中国国内の個人や企業がインターネットを介して、海外の個人や企業と商品取引を行うことをいいます。
その成長ぶりはすさまじく、取引額は2018年には、2014年の2倍以上、2兆8000億円に達すると推計されています。

アリババグループ「天猫国際」との緊密なリレーションシップ

私達は、現在、いくつかの中国の有力なEC運営事業者とビジネスを行っていますが、その中でもアリババグループの海外ブランド専門サイトである「天猫国際」は、日本から見て最大の魅力を持つサイトです。 すでに毎年恒例となった11月11日(独身の日)が、アリババグループ全体で143億ドル(1兆7600億円)という驚異的な売上げを記録しており、そのグループ内でもブランド価値が高い「天猫国際」は大きな注目をあびています。 私達のeコマース事業を中国本土でフォローアップするグループ企業は、この「天猫国際」の正式なパートナー(T-mall.H.K.Partners)です。

私達は、「天猫国際」との強い信頼関係を有しており、すでに、ID取得(サイト上での店舗展開の権利)を4件実現ざせています。
また、「天猫国際」よりTPとして出店企業を紹介されるケースや、日本国内企業へのプロモートを依頼されるケースなどがあわせて5件にのぼります。

IT企業だからこそできること

私達は、独自のEC 支援システム(J−mallシステム)を持ち、実際にそのシステムを天猫国際との間で繋ぎ込んで運用しています。
ですから、出店企業の皆様は、私達のシステムをPC端末からログインして利用したり、またはすでに国内にECサイトを運用されているのであれば そのシステムを私達のシステムにつなぐだけで、中国から将来的にはインドネシア、インド、アフリカまでを網羅するマルチプラットフォームへの展開が可能です。
通常、日本国内企業が中国企業とシステムを繋ぎ込む時には、多くの時間と費用、そしてセキュリティに関する不安がつきまといます。
私達はこうした悩みを一挙に解決できるシステムを運用しています。

そして、B to B も ……

インバウンド、中国企業向け一般貿易……、私達は B to C だけでなく、B to B にも力を入れています。
長い経験を持つ物流担当や、商品仕入担当が適確にニーズをつかんで、ビジネスを推進しています。

ページ上部へ移動